宇宙、スーパーノヴァ、いつか全部終わる

絵とデザインをやりつつどうしても好きなものの紹介がしたくなったときに更新するヤツです。

簡易色ぬりメイキング

こんにちはナキエイドーです。

以前描いた宮田くんで簡易的ですがイラストの塗りのご紹介でもしようかなと

 

①下書き

 

f:id:nakieidoh:20180719192250p:plain

早速余談なのですが最近私は

眉・目→口→鼻→輪郭→髪→首…という行程で描き進めます。

そのほうが私にはバランスがとりやすい気がします。

この段階で光源を決めてざっくり影つけておくとわかりやすいかも。

今回は画面の左、気持ち後ろ側から当たっているイメージです。

 

②ベース塗り(通常レイヤ)

f:id:nakieidoh:20180719192320p:plain

下書きに合わせて1枚のレイヤに色を塗っていきます。

髪の毛をちょっと細かく描くのがマイブームです。

鼻やまぶたなどはデフォルメによってこの段階で描いたり描かなかったり。

デフォルメのときはあっさり仕上げるためにベースに線で描いちゃいます。

今回は細かく描きたかったので影を描くときに表現しています。

あとその場所というか環境に合わせて地色もちょっと変えたりします。

今回は屋内に白いライトを想定したので実際の色に近いかんじ。

青空の下ならちょっと赤めに、夕焼けの下ならピンクっぽくしたりします。

 

③影(焼き込みリニア)

f:id:nakieidoh:20180719192304p:plain

下書きに合わせて影を塗っていきます。

顔の正面と頬は向きが違うので、画面右の頬の部分と鼻の側面に逆光を入れています。

影の色はうす橙〜紫で塗ることが多いです。

大きい影→調整しながら細かい影の順で塗っていきます。

左の耳はリアリティを重視するなら明るく抜くべきなのですが、

多少の現実味はわかりやすさを優先するために犠牲にします。ので色塗りました。

 

④ハイライト(加算)

f:id:nakieidoh:20180719192442p:plain

ついでに汗も。

髪の毛も汗で濡れている感じを表現したかったので全体に白を入れています。

 

⑤色味の調整(焼き込みリニア)

f:id:nakieidoh:20180719192445p:plain

顔の赤みなどを追加しました。

あと汗の影。

 

⑥逆光(スクリーン)

f:id:nakieidoh:20180719192446p:plain

逆光が薄かったので強めました。

 

⑦加工・調整

f:id:nakieidoh:20180719192530p:plain

オーバーレイでテクスチャを20%くらいで入れています。

あと雰囲気を出したかったので上下に黒い枠を入れました。

 

最後にブラシと別の絵ので恐縮ですがレイヤ構造を紹介しておきます。

 

f:id:nakieidoh:20180719194533p:plainf:id:nakieidoh:20180719194535p:plain

ブラシは岡山県のシルエットをそのまま使っています。

今回はわかりやすくするために表示していませんでしたが、普段は下書きレイヤを

乗算5%で表示しながら色を塗っています。

 

以上

キスマイ宮田くんという在り方

 

※ものすごくどうでもいい個人的な事情を自意識過剰に挟みつつ話が進むし、捉え方によってはちょっと微妙な言い方をするかもしれないのであらかじめ理解しておいてくださると助かります。

 


 こんにちは。ナキエイドーです。

 キスマイファンでない方もご覧になっている体で話を進めますが、7月16日はキスマイが5月から行っていたコンサートツアーのファイナルでした。私は色々あって西武ドーム7月14,15日に参加しました。生まれてはじめてジャニーズのコンサートに行きました。喉バカになるくらい楽しかったです。

 


 さて、私は普段一次創作というのをやっていて、自分が考えたキャラクターやお話を絵で表現するのが小さい頃から大好きでした。好きな作品のファンアートなども挟みつつ、ありがたいことにインターネットに自分の制作物を公開するうちに支持してくださる方も増えました。今この記事をご覧になっている方も私が描いた絵など見てくださっていたりするのかな。わからないけど絵を見てくださる方全員ありがとうございます。

 宮田くんのことはファーストインプレッションの記憶がないのですが、FCに入会したのは今年とはいえ、BE LOVE(宮田くんと同じグループの玉森くんがコンサートで擬似結婚式を挙げて色々話題になった歌、2015年)のレポを見てあららとなり、ヲタクだったってIt's alright!(作詞作曲をヒャダインさんにお願いした宮田くんのソロ曲、2016年)、Shalala☆Summer time(2016年夏に発売のシングル)にときめいた覚えはあるので、潜在宮田担歴含めると割ともう数年は好きであるように思います。以前録画の整理をしていたら道しるべのMステが残っていたのでそこら辺から宮田担としての自我確立してたのかな。

 多分、今も変わらないのですが、いつもニコニコしていて、なんだかコミカルで、あと単純にビジュアルが好きだから宮田くんのこと応援してたんじゃないかなという気がします。


 去年の藤ヶ谷くんのドラマ「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」を家族で見つつ、PICK IT UP(同ドラマの主題歌、2017)に家族の女たちと色めきつつ、ゆるやかに本格的にキスマイという沼に沈んでいきます。

 ダンスのレベル高いし、歌もかっこいいの多いし、バラエティが楽しいし(かなり初期から家族でキスマイBUSAIKUを見ていた)、私は好きなアイドルという概念がなかったので、キスマイを好きになって、応援することがものすごく新鮮な気持ちでした。

 


 私とキスマイの馴れ初めはこんなもんにして。

 今回のコンサートツアー「Yummy You&Me」に2回も、それも2日連続で行って、色んな感情が爆発しました。ものすごく大雑把にまとめると「宮田担でよかったなあ」てそんだけの話なのですが。

 もちろんキスマイのみんなが好きで、コンサートの構成や会場のオブジェクト、衣装も何もかもめちゃくちゃ好きで、パンフレットもかわいくて、いち創作者としてほんとに最高で初めてがこのコンサートで良かったなっていう話前提で。いち宮田担として宮田くんの話をしたいんですが。

 

 私は以前より宮田くん人間としての在り方が凄く好きだなあと思っていました。せっかくはてなブログなので自分のツイート引用しますね。

 

 
 宮田くんをあまり詳しく知らない方にお伝えしたいんですが、宮田くん、めちゃくちゃ良い人なんですよ。怒らない・いつも笑顔・人を貶す笑いを絶対にしないという徹底したスタンスに凄く憧れています。

 そして、これは最近完全な宮田担になってから知ったのですが、アイドルとしてのスタンスも本当に尊敬できるんですよね。

 言い方が少し悪くなってしまうのですが、宮田くんはグループのなかではどちらかと言うと人気がないほうで、コンサートグッズも彼のぶんのロット数が少なかったり、私が行ったことのない過去のコンサートでの歓声も大きいとはいえず、なんなら彼と彼のファンはいわゆる「いじられ側」にいたようで、実際さみしいレポを何件も見ていました。

 でも、宮田担が安心して宮田担を続けてこられていたのは、彼のファンに対する「アイドルとしての在り方」が、私達ファンにとってすごく安心できるような、温かいものだった、であるように思います。
 宮田くん、私達のこと「姫」って呼んでくれるんですよ。私みたいなキモ・オタクのこともプリンセスにしてくれるんですよ。宮田くんが王子だから。去年のコンサートの最初の自己紹介で「俺の白馬乗りたい?大丈夫!5万5000人(会場のキャパ数)乗りだから!」という同じグループの藤ヶ谷くん仕込みの強烈なネタを披露してくれたくらい、宮田くん王子様なんですよ。今年の七夕に出演した歌番組の衣装で、肩にメンバーそれぞれの願いごとが書いてあったんですが、宮田くんなんだったと思います?「織姫のみんながボクに会えますように 宮田」ですよ?織姫にもしてくれた!!

 もの凄く私達ファンのことを大事にしてくれて、それが彼の言葉の端々からも感じられるんですよね。

 

 以下にフォロワーさんのレポを引用させてください。

 

 

 今レポ見て改めて無理…てなったくらいこの挨拶の語気がものすごくやわらかくて優しかったんですよね。ふにゃっとした笑顔がマジで最高だった。でもこの宮田くんの言い方、今まであんまりいい反応もらえてなかった人がする言い方だよな〜て正直思ったんです。

  自分もまだまだとはいえ一応創作物を発信する側の人間で、ぼちぼち人に頼まれて絵を描かせていただくこともあって。絵を描いたら反応が気になるし、評価されないと「自分のやることには価値がないんだな」て思うし、でもやっぱ認めてもらいたいから試行錯誤して頑張って、応援してくださっている方からの温かいご支援があって今も楽しく制作活動がやれていて(ありがとう優しい人)。それで、細かな違いや程度こそあれ、アイドルもイラストレーターも結構そういうとこ似ているのかな〜と思ったんです。だから、同列にするのは大変おこがましいのはわかっているんですが、宮田くんのファンへの在り方を知れば知るほど、勝手に自分を重ねるようになったんです。

 というのも、私は評価されないと、評価されている人への嫉妬というか、「あの人は評価されているのに、私はされていない」とどうしても比較する人間なんですが。言ってもこれは絵でも小説でも役者でも表現者共通の悩みだったりするんですが。ただ、これって実は、「あの人は"あんなに"評価されているのに、私は"これだけしか"評価されていない」の場合がほとんどなんですよね。実際評価してくださっている人はゼロじゃないのに、他者と比べた評価数の差を気にしすぎて、ゼロに思えてしまうんです。

 そしてきっと、小物ファンの推測に過ぎませんが、宮田くんもちょぴっとはそういうことを考えた経験があると思うんです。

 

 キスマイはグループ名にかけて、玉森くん、藤ヶ谷くん、北山くんら人気の高い・かつプロモーションで一人ずつのカットが多かったり歌割りが多かったり明確にプッシュされているメンバー3人を「前足」、横尾くん、宮田くん、二階堂くん、千賀くんら明らかに前述の三人に比べて出番が少ない「後ろ足」という暗黙のくくりがあって(最近はかなりなくなってきてはいるんですが)、それを受けて元SMAPの中居くんが「舞祭組」という派生ユニットを作ってくれたという過去があります。

 記憶が曖昧なのですが、実際舞祭組のインタビューで「このまま(グループ内の扱いの差が大きいまま)だとやばいと思っていた」みたいなコメントがあって。7人という小規模なグループ内のメンバーというものすごく身近な比較対象があったせいで、ものすごく不安でいたと。その記事を見たときはシンプルに心配でした。

 

 自分語りをちょびちょび挟んで恐縮ですが、私も特に歳の近いフォロワーが評価されているのを見るとこのままじゃやばいと思ったし、評価されないことで(私の場合は単純な努力不足ですが)自分はどうせ誰にも評価されないんだって自暴自棄になることもあったんです。

 そんなときに宮田くんのファンへの在り方を見て、ものすごく言い方が悪いですが、誰かより人気がなくても、キャーの歓声が他の人より小さくても、確実に存在する自分を応援してくれる人をがっかりさせちゃだめだって思ったんですよね。

  

 宮田くんは私たちファンがいるかぎり私たちをお姫様と呼んでくれるし、いつでも雑誌とか様々な媒体で「僕を応援してくれる宮田ガールズのためにこれからも頑張るぜ」みたいなこと言ってくれるし、ほんとに福利厚生がしっかりしてて、安心してファンをやれることがどんなに気が楽で、手放しでただ自分の「好き」という気持ちだけで応援し続けられることがどんなにありがたくて嬉しいことなのかをものすごく痛感しました。

 「ゼロじゃない需要に可能な限り応えて、その需要の数を増やしていく」って、並大抵の企業努力ではなかなか達成されないことなんじゃないかなあって思います。

 今自分を応援してくださっている方に、どんなお返しができて、どうすればさらに喜んでもらえるかを追求し続ける宮田くんのことを、再度おこがましい言い方になってしまいますが同じ表現者として、ものすごく尊敬するようになって、憧れて、それに気づいてからさらに宮田くんのことが好きになりました。

 

 あと、さらに個人的な話なんですが、私は過去評価されないときに「こいつ絵下手なくせに何かっこつけてんの?wダッサw」みたいにdisられたことがあって、マジで首吊って死のうかと思ったりもしたんですが、宮田くんもいじられキャラという立場上「宮田のくせにかっこつけてる」みたいな風潮がやっぱりゼロじゃなかったみたいで(シンプルに立腹)。そんな中で王子様やってくれて、5万5000人のお姫様を白馬に乗せてくれて、この前のコンサートでなんか全員お持ち帰りしてやるぜ!抱きしめてやるぜ!って言ってくれて、もうほんとにかっこいいと思いました。「かっこいい・ダサいかどうかはまず俺が決める」って感じ。まあ宮田くんは実際かっこいいんですけどね。マジで好き。ほんとに見習いたい。好き。

 それを見たおかげで自分も「周りの目は気にせずとりあえず自分の思うかっこいいを表現してみよう」と思えるようになったので、ほんとに宮田くんには感謝してもしきれないです。マジで人生観変えられた。ありがとう宮田くん。ジャニショの新写真買いに行くね。

 

 最近バラエティでもたくさん活躍していて、宮田担の数が急増中なので、好きになるならマジで今だと思います。スタートダッシュキャンペーンばりに今宮田くんキてます。石30個プレゼント中ってかんじです。

 

 ので。

 私はこれからも宮田くんのお姫様の一人として、いち創作者として、アイドルの宮田くんのことを応援していきたいなあと思ったのでした。

 

以上

キスマイの「いいね!」がいい話(再掲)

今年の元旦早々胃を痛めてまったく眠れなかったときにPrivatterに書いた記事の再掲です。

 

~~~

 

新年あけましておめでとうございます!今年はやりたいことがたくさんあって予定がうまくいけばやりたいことをたくさんできそうなのであたたかく見守ってくださると嬉しいです。

今回は表題の件について紹介というか ただ単にダイマ記事ですがお話させていただきたいと思います。
とりあえず先に今回お話する曲が収録されているアルバムの試聴ページのリンクを張っておきます
http://avex.jp/kismyft2/discography/package_detail.php?id=1025630

私は以前よりキスマイ(Kis-My-Ft2/ジャニーズの7人組グループ)が好きで、記憶曖昧ですがおそらく2016年くらいから本格的に追っているんですけど。彼らの魅力はいろいろあって、メンバー七人がそれぞれメチャクチャ個性的でアクが強かったり、ビジュアル面でも大好きなんですが、特に私は彼らの曲が好きなんですよ。
本題に入る前にキスマイの曲に関して私なりの推せポイントを紹介してもいいでしょうか。

・バラエティに富んでいる
これは曲を提供されるのが基本のアイドルには当たり前かもしれないんですが、曲によってジャンルが本当にさまざまなんですよ。2017年に出たアルバム「MUSIC COLOSSEUM」から挙げると、落ち着き目だけどエモーショナルでドキドキする「One kiss」とか、まるでバトルアニメのOPみたいなオラついたロックミュージックの「Bang!Bang!BURN!」、いかにもアイドルなかわいいテイストの台詞入り恋愛ソング「キスしちゃうぞ」、3曲挙げただけでもあまりにも個性豊かなんですよ。クリスマスソングの「SNOW DOMEの約束」とか去年のシングルの「PICK IT UP」「赤い果実」らへんをテレビで見てご存知の方がいたらわかると思うんですが、衣装もスタイルが曲ごとに全然違うのでビジュアル面でもほんとに楽しいです。
2016年のアルバム「I SCREAM」にはそれぞれがテーマを各自で設定して演出したソロ曲があるんですが、ヒャダイン作詞作曲のオタクソングとか普通にかっちょいいエモい曲とか謎に女装して恋する女子応援ソングとかアイドルとは…?みたいな曲がちらほらあるのも楽しい。SPOTをテレビでご覧になった方もいると思いますが先月の13日に出た派生ユニットのファーストアルバム「舞祭組の、わっ!」もアクが強すぎるので是非一度試聴だけでもしてみてください。なんならCD貸します
・歌声が全員違ってメチャクチャ立ってる
これですよ。私の推しは宮田俊哉くんと二階堂高嗣くんなんですが、すでにその二人の声が全く違う。宮田くんはいかにもアイドルぽい糖度高めの声で、二階堂くん(以下ニカ)はハスキーなのにぶりっこな歌い方なのがすごくクセになるんです。七人のユニゾンでも全員の声が判別できるのって割とすごいと思うんですよね。あとみんなそれぞれ個人で歌い方のクセがすごい(千鳥ノブ)から聴き比べるのも楽しいです。私はニカと玉森くんの声が好きです。
・基本的にみんな歌がうまい
これ意外と漏れるけど大事ですね。ソロパートが安心して聞けるの大事です。たまに危うい奴が何人かいるけど聴いてるうちにかわいいからまあええかってなります。(本末転倒)

他にもダンスがうまいとか衣装がかわいいとかギャグがアイドルとはおもえんいかつさとか魅力はたくさんあるんですが今回は歌の話なので別に機会があれば記事にしたいと思います。

さて前置きが大変長くなったのですが本題に入ります。

まず表題の「いいね!」という曲は、先程ご紹介した2017年のアルバム「MUSIC COLOSSEUM」に収録されており、「仕事とかしんどいけど俺達頑張っててえらい!今日は飲もうぜ歌おうぜ踊ろうぜ!」みたいな内容の歌なんですが、とにかく底抜けに明るい!!!そして終始テンションが高い!!!
このアルバムは割とギラついたロックで和風なテイストの曲が多いので(そういうコンセプトの連作がいくつかあるので)その中で目立つなと思います。

それでは熱意をこめてやや時系列に大まかな部分→詳細な部分に魅力的なポイントを列挙していきます。
・イントロがキャッチー
軽快なリズムのドラムにメンバーの「ヘーイ!」から始まるのがめちゃくちゃキャッチー!のっけからテンション爆上げです。
・ヘーイとかハイ!ハイ!とかあいの手が多くてリズミカル
とにかく明るくて小気味よいテンポを終始貫くんですが、ヘーイ!とかイェーイ!とか細かく細かくテンションを高いまま保つ要素があって楽しい!チャッチャッチャ!とかわっはっは!なんていう発音するのが楽しいリズムも多いのでカラオケとかでも盛り上がること請け合い!
・歌詞の語調がかわいい
「手をギュッと握ったらそこから親指立ててよっしゃ!いきますか」「しぇけしぇけばーでぃちぇけちぇけらっちょ ぷちょへんざして踊ろー」「めちゃx6いいね!」「嫌なことは全部蹴飛ばして心のまま遊べ」かわいいです。
・使われてる音が親しみやすい
全体を通してあの電子的なラッパの音(なんていうかわからん)ですんごいキャッチーで特徴的な旋律が使われていてすごく良いんですよね。冒頭に聴こえてくるあの音並びが1番のBメロにもはさまってくるんですが、サビへの盛り上がりに繋がっていく高揚感がうまく表現されてて最高です。旋律自体はリフが多いけど(今紹介した旋律もそうなんですが)曲の構成がAメロ(1番のみ)→Bメロ→Cメロ→サビ→Bメロ→Cメロ→サビ→Dメロ→Eメロ→大サビ前の盛り上がり→大サビ と流れがたくさん変わって飽きなくて楽しいです。
・結構特殊なメロディ進行
今微妙に言っちゃったんですが、曲の流れがJPOPぽくなくて良いんですよね。Aメロのコード進行が8小節同じまま進むのも(素人には)珍しくて印象的です。なんかメロディラインが全体的に不思議なんですよね。ていうか和音?そもそもがマイナーコードの音階なはずなのに内容も受ける印象も明るいんですよね。音楽用語がわからないのでもう実際に聞いたほうが早いです。
・音並びとリズムが特殊
上のと微妙に被るんですが、メロディとリズムが割と特殊なんですよね。そもそも曲って、知らない曲でもコード進行を聞いてなんとなくじゃあメロディはこういう旋律かなって予測できることが多いと思うんですが、この曲はいい意味でわからないんですよね。何回も聴かないとつかめないようなかんじ。だから印象的に聴こえるんだと思います。
歌詞がのってるメロディもそうなんですが、Aメロで歌ってる主旋律の後ろにいるベースと中音のユニゾンのリズムとかわけわからんくて、でもなんだか妙にリズミカルで思わず頭がフンフンって動いちゃいます。とにかく聞いてて楽しい!何回聞いても新しい発見があるかんじです。
・Dメロの宮田くんとニカがかわいい
いーね!いーねっ!いーねー!→ヘーイ!ウー!ハッハッハー!死ぬほどかわいい。そのあとの横尾さんはただただイケメてる
・歌詞にネガティブな要素がない
暗い気持ちになる要素がなくて元気になります。いいね!という肯定しかない大変明るい歌詞
・とにかく全体を通して明るくて楽しい雰囲気
みんなでドンチャン!てかんじが終始保たれているのは本当に良いですね。
・テンポが早めなのでテンションが保ちやすい
140くらいかな 気持ち早めなので飽きが来ない
・宮田くんがかわいい
推しがかわいいのは大変な評価点です。

ざっと挙げましたが、どう考えても聴いていただいたほうがわかるし、好きな曲を是非聴いていただきたいので、少しでも興味を持たれた方がいましたらレンタルでもいいので実際に良さを確かめてください。
そしてこのアルバムにはめっちゃ良い曲がたくさん入ってるのでそれも聴いてください。ほしたら感想を聴かせてください。推しも教えてください。

以上!
文章の内容の比率が謎になりましたが読んでくださってありがとうございました!

好きな音楽のご紹介(再掲)

過去(2017年3月)にPrivatterにあげた記事の再掲です。好きな曲のダイレクトマーケティングや!


・Mental Health(Zebrahead)
https://www.youtube.com/watch?v=DrhqXMEnDew
ゼブラヘッドに出会ったのは中学のときで、それからずっと好きなのですが、特に好きなのがこの曲です。俺って精神的にちょっとヤバめだけど楽しいからオールオッケー!みたいな内容の歌詞で、その中に「They say lie down and bite on this」というフレーズがあるのですが、なんかエッチで好きです。グレッグのキャッチーなギターも好きだし、メロディラインも好きな半音が多くてイイかんじ。MVもめちゃくちゃかっこいいです。最後に視界がボヤけてフェードアウトする演出も好き。
いまのボーカルマッティが加入して二枚めのアルバムの曲で、このアルバムがめっちゃ名盤です。聴いてね。

・The juggernauts(Zebrahead)
https://www.youtube.com/watch?v=DrhqXMEnDew
これも同じアルバムですごく好きな曲。私は夏が好きで、水の中が好きなのですが、すごく水の中っぽいギターで、MVも夏にプールでワイワイやる曲。バスドラムとスネアの四つ打ちも心地よくて好き。意味ありげな歌詞も好きです。基本的にゼブラヘッドは酒!セックス!パーティ!みたいなのが多いんですが、たまにこういうまじめっぽいやつがはさまるところがどうしようもなく好き。

夏色えがおで1,2,Jump!(μ's)
https://www.youtube.com/watch?v=Jz6OX8cYUFA
夏が好きなんですよ。最初に聴いたのが好きなけいとさんという歌い手の歌ってみたで、ま〜爽やかな曲〜好きだな〜と思ったらラブライブの曲でした。本家のPVもかわいいし、大サビのにこちゃんが歌うとこで花火がドンパチなるのもキレイで好き。コード進行っていうのか、和音の進み方も爽やかで好きです。編曲がめっちゃ良いんだよ〜〜〜〜〜

・君が死んでも許してあげるよ(きくお)
https://www.youtube.com/watch?v=GknuPjHuj9Q (1:00くらいから)
きくおさんは僕をそんな目でみないでからのファンなんですが、イチバン好きな曲がこれです。ちょっとノスタルジックというか、夕方に差し掛かるバスに乗ってちょっとうたた寝してる間に意識が空気と同じに混ざっていくみたいな気持ちになれます。A パートからBパートへの間奏とか、サビのやかましい感じとか、妙に懐かしくなる気がします。それでいいんだよって言ってくれるところも好きです。

・Blue Jasmine(米津玄師)
https://www.youtube.com/watch?v=XZDZZEAbaZg (7:30くらいから)
Bremen神盤で、シンデレラグレイとかアンビリーバーズも好きなんですけど、四分音符で重めのスネアが響くのが好きで、心臓にドゥンドゥンくる感じが心地よいです。「僕は気づくこれからの日々が幸せだってこと」っていうフレーズがあるんですけど、普通に羨ましいな〜と思うしグっとくる歌詞だな〜と思います。メロディラインもキレイだと思います。創作がはかどりそうな曲〜
米津さんでポッピンアパシーという曲があるんですけど(https://www.youtube.com/watch?v=pUDI2x5Y0Wo)それめっちゃ私の創作のPaintable Stuffsのイメージソングだからそれも聴いてください。

・English love affair(5 seconds of summer)
5SOSの曲ってわかりやすいというか、オーソドックスなティーンエイジロックっていうかんじで好きなんです。4人のメンバーがみんな歌うし、みんな声のタイプが違うところも好き。
そんで、この曲の特徴として、ギターのフレーズが一つあって、それが音を変えながらAメロからBメロへ進んでいくんですけど、それがめっちゃグッとくるコード進行と一緒になってめっちゃ良いんですよ。これは文字ではなく音声で解説したい。歌詞もいかにも若者ってかんじで良い
全体的に韻踏んでるのも聴きやすくて良いし、この曲はまんべんなく4人が歌うのでそれもファンとしてはうれしい。ソスの他の曲はShe looks so perfect(https://www.youtube.com/watch?v=X2BYmmTI04I)とかが好きです。

・Wrapped Up(Olly Murs)
https://www.youtube.com/watch?v=niLMQsD9ZG4
ひと昔前のポップスってかんじの曲調がもうめっちゃ好きです。オリーの声がめっちゃくちゃ好きで、Troublemakerで完全に恋に落ちたんですけど、Bメロの「Don' ever stop controlling me」というフレーズのmeの抜きがめちゃくちゃセクシーで好きです。ポップスにちょいちょい入ってくるバイオリンが好きなんですけど、この曲のバイオリンすごく効果的だと思います。歌詞もすごい良いの… MVもどえらいセクシーだし、さらに言うとリリックビデオがマジでめちゃくちゃ好きなのでそれも見てください→https://www.youtube.com/watch?v=sUe7WN4Htug
オリーの曲どれもいいけど、troublemaker(https://www.youtube.com/watch?v=4aQDOUbErNg)とアナ雪のEDでおなじみデミロバートとのデュエット曲Up(https://www.youtube.com/watch?v=29GWMT0GB6s)が特に好きなので一緒にオススメしておきます。

・A BILLION HITS(オースティン&アリー)
https://www.youtube.com/watch?v=SbT9ezXQKwM
オースティン&アリーというディズニードラマの劇中歌なのですが、オースティンというナルシストボーイがアリーという歌作り神女子とともに歌と踊りでテッペン目指すぜってかんじのドラマです。この曲は結構序盤のほうで登場して、これからやってやるぜ!絶対諦めないしやったらできるってわかってる、僕が取るのはビリオンヒットだ!という新人のやる気燃え燃えな歌詞と、強気な曲調がこっちまでやる気にさせてくれます。

・Steal your Heart(オースティン&アリー)
ドラマの中で、友達としてやってきたアリーのことをだんだんオースティンは好きになっていく流れの中でオースティンが歌う曲。とにかくメロディラインがすごくかわいくて良いです。ポップですごくキャッチー!!!!歌詞もかわいくて、チャラけたオースティンがまじめで堅物なアリーに向けて「君がどうしようが僕は君のハートを盗んで見せるよ」みたいな内容でもうほんとにかわいいんだよ…
オスアリめっちゃ名曲多いので聴いてほしい。ワンダイレクションとからへんの若者ポップスを悪くなく思ってる人は気にいると思います。どれも好きでコレ!ってオススメできねえ

Fallin' for you(R5)
https://www.youtube.com/watch?v=MRnO3OXOKoU
オースティン役のロスリンチくんが主にボーカルをやっているR5というバンドの曲。君はちょっと変わり者だけどそういうところに僕は惚れちゃったんだよな〜みたいな歌詞で、ティーンの推しが恋してる人はウワ〜てなると思う。サビのコーラスもなんていうか感情めっちゃ揺さぶられるかんじがする。R5の推しはライカー。最近のR5はちょっとブルースみが強くなってきたので若者のくせに渋い歌が多くて一聴の価値あり。ライデルという紅一点がいるのですがその子が歌ってるLightning Strikes(https://www.youtube.com/watch?v=71860gcsIR8)という曲がキャッチーでいいかんじです。オススメ!
R5は五人いるメンバーのうち4人が実の兄弟なのでコーラスの相性が最高なんじゃ

・Kiss you(One Direction)
https://www.youtube.com/watch?v=T4cdfRohhcg
今は亡き1Dの代表曲。リズミカルでノリノリでゴキゲンなミュージックが良い。歌詞もオメー見てるとワクワクドキドキだぜ!チューさしてや!ってかんじのわかりやすく明るい内容がシンプルで好きです。とにかくノリが良い。パーティとかで流すと良い。私の推しはルイだけどこの曲は8小節しか歌わない
1Dは他にHappilyとかNobody ComparesとかBest song everが好きです。有名Pが提供してることが多いので基本的に曲はみんな良い、ゼインは許さねえけどな。

・Dead!(My chemical romance)
https://www.youtube.com/watch?v=ORsFFjt1x6Q
私はブラックパレード好きなんだけどな〜〜〜 メロディは割とノリノリで明るめなんだけどマイケミなので内容は暗い。でもそこが好きです。なんとも言えない、なんだか切なくなるというか、100回聴くとア〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ってなるので100回聴いてみてください。このPVもポップでかわいいよね。このアルバムだとMamaとhow I disappearとthe sharpest livesも好きです。リズミカルなのが好きなんだろうなあ多分

・Guard my heart(Bowling for soup)
ジャカジャカしたギターが好きなんですが、お手本のようなジャカジャカ、切なめのコード進行、エグいくらい泣けてくる歌詞、一発で感傷に浸れる曲です。感情を動かされたいときに聴こう。
オリーとかジャレットみたいなハスキーな鼻がかった声が好きです。BFSは見た目の割にちょっとノスタルジックで切なくなる曲が多い。

・恋(星野源)
https://www.youtube.com/watch?v=jhOVibLEDhA
テレビで死ぬほど聞いたと思いますが、あのテンポのよさと明るさって割と源ちゃんの曲としては珍しいんじゃないかな…出だしのフエ〜ンていう音が良いですよね。ちょっと和音がヘンテコなのも気になる。源ちゃんの曲って割と音が必要最低限というか、シンプルな和音と耳に残るリズムで進む音と電子音のスネア、くらいしかないのが多くて聴きやすい気がします。静かな部分があるというか、何がどういう動きで流れてるかがわかりやすくて好き。歌詞もなんかオシャレ。でも一番の魅力はポレンポレンてなるギターの音ですね!!!スネアのリズムも軽快で好きです。Aメロの流れ方も気持ちよくて好き。
星野源といえばSnowmanという曲のMVが性癖全開で好きな人はめっちゃ好きだと思うので機会があれば見てください。

Rooftop run-Day(SEGA SONIC WORLD ADVENTURE)
世界をあっちゃこっちゃ行くゲームのスパゴニアという架空の国のステージで流れる曲なのですが、とにかく爽快で明るくて気持ち良い曲です。この曲聴いてゲーム買ったくらいこの曲が好きです。ソニックはとにかくスピード上げて走るというゲームの性質上テンポが速くて爽快感のある曲が多いのですが、その中でもグンバツに爽やかだと思います。心地よい日差しで爽やかな風が吹き抜ける中を走っていく感がハンパないです。
ゲームのテーマが世界旅行なので、実際に存在する国をモチーフにした架空の国家がいくつか登場するのですが、スパゴニアとチュンナンのデイステージの曲はもうほんとにヤバいので一回聴いてください。作業のはかどり方がえげつない。外走るときにも良いです。

Reach For the Stars(Cash Cash)
SONIC COLORSのテーマソング。早めのテンポでやっぱり爽快感と疾走感がハンパない。星というモチーフがもともと好きなので、歌詞がかなりツボでした。ソニックのテーマソング基本的に内容が前向きで明るくて聴いてて元気になれます(His worldという例外)とにかく走りたくなる。
個人的な話ですが自分の創作キャラのアポロとスパイカズの心のテーマソングがこれ

無限に書けそうなのでもうやめます。
今回紹介した曲はyoutubeにほぼ全てあがってたので興味のあるものがあれば調べてみてください。(これは公式じゃなさそうだなってやつのリンクは張らなかったので…)

はじめに

 

こんにちは!Nakieidohといいます!

一次創作を楽しみながら好きなものを好きだな〜と思ったり好きなものの絵を描いて生きています。

お知り合いの輪の皆さんが一斉に始めているのを拝見し乗るしかない大波に乗った次第です。マジで好きなものに偏りがないので、大変散らかった内容になるかと思いますがどうしても暇でしゃーないときなどに覗いてくださると嬉しいです。

 

多分自分の創作についての雑記と、好きな絵の話と、好きな音楽の話をすると思います。どうぞよろしくお願いします!